[お偲び] 森川賢一 氏(シスメックス 女子陸上部監督)

森川賢一(もりかわ・けんいち)
命日: 2022年12月29日
(岡山県岡山市の病院で)
年齢: 64歳
出身: 京都府京都市北区
肩書: シスメックス 女子陸上部監督
備考:葬儀は近親者で施行。
参照:
・ シスメックス女子陸上部監督の森川賢一氏死去
・ シスメックス女子陸上競技部監督の森川賢一さん死去 佛教大学で2連覇、京都市出身
・ 森川賢一氏死去 陸上競技の指導者

7つの追悼の言葉があります

  1. 大学の先輩から、本日朝の連絡で知り突然のことで、ビックリしています。
    森川監督には、練習場所で同じになることが多く、私の方からはなかなか挨拶程度しか声を掛けられない訳ですが、気さくに声を掛けて下さり、非常に嬉しかったことと気付きや共感・共有できる指導者の先輩だなと感じました。中でも覚えてる言葉は『ゆっくりでも、距離をしっかり走る』『キレイに走る』です。意志を受け継ぎ、関わりは薄いですが、ランニングに関して、森川さんが広めたかったことや伝えたいことを私なりに解釈して、ジュニア世代の普及・育成・強化に活かしたいと思います。
    森川さん、ありがとうございました。
    ご冥福をお祈りします。合掌。


    木村恵也(群馬県・前橋育英高等学校陸上競技部コーチ)
  2. 突然の訃報にどのようなコメントをしたらよいかわかりませんが、ただの駅伝ファンですが、これまでありがとうございました。ご冥福をお祈りします。


    ひろあき
  3. 中、高、大、と、森川君とは、何かとご縁がありました。
    佛大時代には、研修会でもお世話になりました。
    突然の訃報に、言葉がありません。
    ただただ、ご冥福をお祈りします。


    田口正登
  4.  今、新聞の記事で訃報を知りました。信じられない思いと、森川先生の顔や声が脳裏に浮かび、なんとも言えない気持ちです。
     もう30年以上前の事ですが、女子駅伝の合宿ではいつも前向きな声掛けをしていただきました。
     森川先生と同じく小柄な私にとっては、その言葉のひとつひとつが当時の私に最適なアドバイスだったと思います。がむしゃらにやる事も大事だけど、休む勇気も必要だという事も教えていただきました。ありがとうございました。これからも天国から見守っていてくださいね。


    匿名
  5. 新年の地元新聞を見て驚いた。
    京都の地元紙はそろそろ都道府県女子駅伝の記事が増える頃なので「その関連記事」と思っていました。
    彼とは中学(旭ヶ丘)ー高校(紫野)ー大学(京都教育大学)と学校は違ったが同級生なので現役時代をよく知っているので大変に残念に思う。
    同じ年齢の人が逝くと辛い。
    あと10年指導者として力を発揮できたと思う。
    今はお疲れ様と言ってあげたい。
    合掌


    無名の長距離ランナー
  6. モリケン、早すぎるやないか。小学校から短距離は遅かったけど、長距離は速かったモリケン。
    杉坂往復は3連覇やったな。
    でもな、こんなもんはや無くてもええんや。
    本当に辛いわ。


    鳳徳小同級生より
    • お悔みありがとうございます。
      一回り下の弟です。
      『杉坂往復』って旭中恒例の京見峠を走るレースのことですよね!
      私も走りました。
      懐かしくて返信させていただきました。
      兄のことを覚えて頂きありがとうございます。


      正士

追悼の言葉を残す