[お偲び] 武田克之 氏(医学者、徳島大学 元学長)

武田克之(たけだ・かつゆき)
命日: 2016年10月14日 4時45分
(徳島県小松島市の病院で)
年齢: 89歳
出身: 愛媛県
肩書: 医学者、徳島大学 元学長
葬儀: 2016年10月17日
会場: イマデヤ葵会館
徳島県徳島市寺町95−2
備考:専門は皮膚科学。1953年に徳島医科大(現徳島大医学部)を卒業後、徳島大医学部付属病院講師、医学部助教授などを経て70年に同学部教授に就任。同学部付属病院長、同学部長を歴任した。91年1月から2期6年間、学長を務め、大学改革を積極的に推進。各学部の一般教養を担っていた教養部の総合科学部への統合、大学院人間・自然環境研究科(現大学院総合科学教育部)創設などに取り組んだ。専門は皮膚科学で、発毛剤の開発に携わった。2000~03年、県公安委員に就任し、02年から1年間は委員長を務めた。
参照: ウィキペディア
・ 武田克之さん89歳=元徳島大学長
・ 武田克之氏死去(元徳島大学長・皮膚科学)
・ 武田克之氏(元徳島大学長)

追悼の言葉があります

  1. 私はこの馬鹿げたコロナ騒ぎに、日本は一体どこへ向かおうとしているのか憂慮している一国民です。
    武田先生は今のこの世の中を見て、どう思っていらっしゃるでしょうか?
    私はこの騒動の中、ルネ・カントンに出会いました。
    パスツールなぞ、医師とは言えません。
    これから多くの助けがいる方が出てくると思います。
    どうかルネ・カントンの事が広く知られるように願っています。
    ありがとうございました。


    まさこ

追悼の言葉を残す