[お偲び] 渡辺和子 氏(ノートルダム清心学園 理事長)

渡辺和子(わたなべ・かずこ)
生誕: 1927年2月11日
命日: 2016年12月30日
年齢: 89歳
出身: 北海道旭川市
肩書: ノートルダム清心学園 理事長
備考:聖心女子大を卒業し、上智大大学院修了後の1956年、ノートルダム修道女会に入会した。米国留学を経た63年に36歳の若さでノートルダム清心女子大学の学長となり、90年に同学園理事長に就任した。岡山の地で半世紀にわたって学生に寄り添いながら、学科の増設や大学院の開設など教育内容の充実を図り、地域の女子高等教育の発展に貢献。付属の幼稚園長や小学校長なども兼務し、私学振興にも取り組んだ。生涯現役にこだわり最晩年まで教壇に立った。日本カトリック学校連合会理事長を歴任するなど修道者としても精力的に活動した。9歳の時には軍事クーデター「二・二六事件」で、陸軍教育総監だった父・錠太郎が凶弾に倒れた現場に居合わせ、無数の銃弾を浴びた父の最期を見届けた。2012年に出版した「置かれた場所で咲きなさい」は数々の困難を乗り越えてきた実体験に基づく言葉が広く共感を呼んだ。功績がたたえられ1979年に山陽新聞賞(教育功労)、89年には岡山県三木記念賞を受け、2016年4月に旭日中綬章を受章した。
学園葬:
2017年2月12日
岡山国際ホテル
葬儀委員長:高木孝子 さん
(ノートルダム清心女子大学 学長)

追悼の言葉があります

  1. 柔らかな優しいまなざしをありがとうございます。
    今改めて先生の著書を読み返していて、涙が止まりません。
    天国のお父様お母様とたのしくお話しなさっているのですよね。
    しばらく時間が必要ですが、私もしっかり生きていきます。


    匿名

追悼の言葉を残す