[お偲び] 真山一郎 氏(浪曲師)

真山一郎(まやま・いちろう)
命日: 2021年12月13日
年齢: 92歳
出身: 山口県
肩書: 浪曲師
備考:本名は西本恭男(にしもと・やすお)。葬儀は近親者で施行。
高校卒業後の1947年に浪曲の道へ。上京して歌を本格的に学び、真山一郎と名乗ってキングレコードの専属となった。歌謡浪曲を得意とし、代表作に「刃傷松の廊下」「番場の忠太郎」などがある。交通事故で息子を亡くした母と加害者の運命を題材にした“ドキュメンタリー浪曲”の「日本の母」(71年)が大ヒットしたほか、北方領土返還をテーマにした作品も手掛けた。浪曲親友協会の会長を務めるなど、関西浪曲界をけん引した。
参照:
・ 浪曲師の初代真山一郎さんが死去 「刃傷松の廊下」などヒット
・ 初代の真山一郎氏死去

追悼の言葉を残す