[お偲び] 船橋晴俊 氏(法政大学教授)

船橋晴俊(ふなばし・はるとし)
命日: 2014年8月15日
年齢: 66歳
出身: 神奈川県中郡大磯町
肩書: 法政大学教授
事由: くも膜下出血
葬儀: 2014年8月18日
備考:専門は環境社会学。脱原発を目指す有識者らでつくる市民団体「原子力市民委員会」の座長を務め、4月に「原発ゼロ社会への道――市民がつくる脱原子力政策大綱」を発表した。また、高レベル放射性廃棄物の処分方法を政府に提言する日本学術会議の分科会委員長を務めた。

2つの追悼の言葉があります

  1. 私が船橋ゼミ生だったのは、今から丁度30年前でした。多摩キャンパスの一期生で、当時はまだ先生は助教授で、教授には三溝信、田中義久、矢澤修次郎、稲上毅など錚々たるメンバーがおられました。船橋先生からは、ウェーバーやデュルケームなどの理論を中心に教わりましたが、一番印象に残っているのは、意欲することを学ぶアランの理論です。人はやがて死んでしまいますが、生きている間は、意欲し続けなければならないということを教わったのです。30年経った今もこの言葉の重みを噛み締めています。先生、有り難うございました。


    小川栄喜

追悼の言葉を残す