[お偲び] 衣笠祥雄 氏(元プロ野球選手)

衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)
生誕: 1947年1月18日
命日: 2018年4月23日
年齢: 71歳
出身: 京都府
肩書: 元プロ野球選手
事由: 上行結腸がん(大腸がん)
備考:平安高(現・龍谷大平安高)で64年、捕手として甲子園大会に春夏連続出場。65年に広島に入団して内野手に転向した。豪快なフルスイングからの強打が持ち味で、75年は山本浩二氏とともに中軸を担ってセ・リーグ初優勝に貢献し「赤ヘル旋風」を巻き起こした。79年には死球を受け肩甲骨を骨折したこともあったが、翌日の試合に代打で出て強振。不屈の闘志で出場を重ねた。80年にはプロ野球新記録の1247試合連続出場をマークした。87年6月には当時の米大リーグ記録だったルー・ゲーリッグの2130試合を抜いた。70年から2215試合連続出場、96年に米大リーグのカル・リプケン選手に抜かれるまで世界記録だった。87年に現役引退し、同年に国民栄誉賞を授与された。23年間の現役生活で2677試合に出場して2543安打、504本塁打、1448打点、生涯打率2割7分、266盗塁を記録。76年に盗塁王、84年に打点王で最優秀選手に選出され、3度のゴールデングラブ賞を獲得するなど攻守の名選手として活躍し、広島の黄金期を支えた。背番号「3」は広島の永久欠番。引退後は野球解説者としても活動し、96年に野球殿堂入りした。
お別れの会:
2018年6月28日
リーガロイヤルホテル広島「ロイヤルホール」

追悼の言葉を残す