[お偲び] 角南攻 氏(漫画編集者)

角南攻(すなみ・おさむ)
命日: 2014年8月7日
出身: 愛知県名古屋市
肩書: 漫画編集者
備考:葬儀は近親者のみで執り行われた。
早稲田大学卒業。1968年(昭和43年)に集英社に入社し、「少年ブック」の編集を務める。また、「少年ジャンプ」(後の「週刊少年ジャンプ」)の創刊に携わる。同誌では「ハレンチ学園」(永井豪)や「トイレット博士」(とりいかずよし)の担当を務める。1969年には集英社初の青年漫画雑誌「ジョーカー」にも携わる。「週刊少年ジャンプ」の元編集長の中野祐介が青年漫画雑誌の「ヤングジャンプ」(後の「週刊ヤングジャンプ」)を企画した際、角南は中野と共に「週刊少年ジャンプ」編集部から離れ、初代副編集長として1979年の創刊に貢献。1983年に中野の次の編集長に就任し、1992年まで務める。その後、集英社の系列会社である白泉社で常務取締役・顧問を務めた後、フリーランスとして活動した。白泉社では「ヤングアニマル」の立ち上げに関わった。
中日ドラゴンズの大ファン。マスコミ界の中日ファンの集まりである「われらマスコミドラゴンズ会(通称:マスドラ会)」では2012年より会長に就任している。
参照: ウィキペディア
・ 訃報 - われらマスコミドラゴンズ会

2つの追悼の言葉があります

  1. 「ハレンチ学園」をヒットさせた名編集者。「トイレット博士」ではスナミ先生、「マッドブル34」では署長と、様々なマンガに出演され、キャラクター化された編集者の走りでもあります。「メタクソ編集王」のサイン会では、お元気な姿を拝見したばかりだったのに・・・本当に残念です。心よりご冥福をお祈りします。 


    匿名

追悼の言葉を残す