[お偲び] 辻紀子 氏(辻オルガン、翻訳家)

辻紀子(つじ・としこ)
命日: 2016年6月1日 21時
(愛知県丹羽郡大口町の病院で)
年齢: 84歳
出身: 神奈川県横浜市
肩書: 辻オルガン、翻訳家
葬儀: 2016年6月5日
会場: 蘇原教会
岐阜県加茂郡白川町赤河1579
備考:加茂郡白川町の世界的オルガンビルダー故辻宏さんの妻。宏さんとともにパイプオルガン建造技術を学ぶため1960年に渡米し、帰国後に辻オルガンを設立。76年から白川町黒川に住み、町と伊・ピストイア市との交流やサラマンカホール(岐阜市)のコンサートなどに尽力した。天皇ご一家との親交も深く、2012年に県美術館を訪れられた両陛下に、宏さん制作のパイプオルガンを案内した。ヘレン・ドスさんが書いた「1ダースのもらいっ子」をはじめ12冊を翻訳。米国人家族との交流を記した体験記「いきなり5人のママになった」の著作もある。10年に岐阜新聞大賞(文化部門)受賞。
参照:
・ 訃報(岐阜県関連)2016年6月

追悼の言葉を残す