[お偲び] 野村克也 氏(プロ野球選手・監督)

野村克也(のむら・かつや)
生誕: 1935年6月29日
命日: 2020年2月11日 3時30分
(東京都内の病院で)
年齢: 84歳
出身: 京都府竹野郡網野町(現 京丹後市)
肩書: プロ野球選手・監督
備考:葬儀は近親者で施行。
峰山高から1954年、テスト生として南海(現 ソフトバンク)に入団し、確実性と長打力を兼備した強打者になった。57年に初の本塁打王を獲得。63年に当時のプロ野球記録となるシーズン52本塁打を放ち、65年には戦後初の三冠王に輝いた。だが、同時期に巨人で活躍していた長嶋茂雄や王貞治に比べ、パ・リーグは注目度が低く、「長嶋や王がヒマワリなら、おれはひっそりと日本海に咲く月見草」と話した。捕手としても打者の癖や性格を観察して配球に生かすなど才能を発揮し、64~66年のパ・リーグ3連覇や日本一2回など南海の黄金期を支えた。70年、選手兼任監督に就任。73年にリーグ優勝を果たした。77年9月、シーズン終了直前に解任されると、「生涯一捕手」を掲げて選手としてロッテに移籍。1年後に西武に移り、80年に45歳で現役を引退。3017試合出場のプロ野球記録(当時)をつくった。現役通算2901安打、657本塁打、1988打点はいずれも歴代2位。通算打率2割7分7厘、本塁打王9回、首位打者1回、打点王7回、最優秀選手(MVP)5回、ベストナイン19回。解説者時代には、野球中継でストライクゾーンを9分割した「ノムラスコープ」で配球の読みを説き、評判となった。89年野球殿堂入りし、90年にヤクルトの監督に就任。データを重視する「ID野球」を掲げてチームを改革し、古田敦也らを育てて92年にリーグ優勝。93年も連覇し、日本シリーズで前年に敗れた西武に雪辱して初めて日本一に輝いた。95、97年にもヤクルトを日本一に導くなど、卓越した野球理論と巧みな戦術で名将の仲間入りを果たした。他球団を戦力外になった選手を何人もよみがえらせて、「野村再生工場」と評された。98年限りでヤクルトの監督を退任すると、翌99年から阪神の監督に。2001年オフに沙知代夫人の脱税問題の責任をとって辞任するまで、3年連続最下位に終わった。02年秋から05年までは、社会人野球シダックスの監督を務め、03年の都市対抗大会で準優勝に導いた。06年に創設2年目を迎える楽天の監督に就任。09年には球団創設後最高の2位で初のAクラス入り、クライマックスシリーズ進出を果たした。通算成績は1565勝1563敗76分け。勝利数は歴代5位、敗戦記録は最多だった。「ノムさん」と親しまれ、試合後の独特のボヤキもテレビのスポーツニュースで流れるなど人気を集めた。講演や解説では辛口の批評や数々の名言を織り交ぜて野球論を語った。著書多数。沙知代夫人とそろってのタレント活動も話題になった。
しのぶ会:
2021年12月11日 11時~
明治神宮球場
(東京都新宿区霞ヶ丘町3−1)
参照: ウィキペディア
・ 野村克也さん死去 プロ野球、戦後初の三冠王
・ 野村克也さん死去 ヤクルトなどで監督、ボヤキも人気
・ 野村克也さん死去 三冠王の名捕手、名監督―「月見草」「ID野球」・84歳
故野村克也氏をしのぶ会

追悼の言葉を残す