[お偲び] 野村欣司 氏(芦森工業株式会社 元常務)

野村欣司(のむら・きんじ)
命日: 2018年8月27日
年齢: 90歳
肩書: 芦森工業株式会社 元常務
参照:
・ 野村欣司氏が死去 元芦森工業常務

26の追悼の言葉があります

  1. 納骨の日を無事に迎えられたことお疲れ様でした、と同時に形あるものと離れることの悲しさが募ってきました。
    澄みわたる青い空と緑の木々の鮮やかな光景に目を奪われました。


    匿名
    • どなたか存じ上げませんが、暖かいお言葉、母へのお優しいお気持ち、遅くなりましたが御礼申し上げます。
      娘二人で94歳を迎える母をしっかり支えております。


      匿名
  2. ひな祭りの3月3日は井伊さんのことでお祝いをしない竹中家
    我が家も少しばかり恨めしい日と記録に留めおかねばならぬ日となるでしょう。


    匿名
  3. 彼岸の入りを迎えてから朝、短い経を唱える小さな姿は健気です。
    あちらへ旅立たれてからというもの未曾有の災難にも頑張っています。


    匿名
  4. ひさかたの光のどけき春の日に
    静心なく花の散るらむ

    花を穏やかに眺めることにも躊躇われる昨今、人々の心は落ち着くことが
    出来ません
    戦時中の過ごし方はこんなものだったのでしょうか?


    匿名
  5. 今はただ思い耐えなむとばかりを
      人づてならで言うもしもがな

    時流に人流に揉まれながら敢えてパロッて言いますよ

    象足はぺちゃんこになりました


    匿名
  6. もろともにあはれと思へ山桜
      花よりほかに知る人もなし

    庭いじりの好きな人にはこれもまた一興かな・・・・
    それを叶えてあげられないのが残念


    匿名
  7. コロナ禍での大文字はどうなったでしょう?
    未曾有の災害とも言える中、95歳を迎えた本人が驚いています。


    匿名
  8. 夜中に何度も起きてその度に彼女は会いに(見に)行ってました。
    表情が曇ることはありませんが、心の淵まで分かりません。
    その都度確認していたように私には思えました


    匿名
  9. 節目節目で人は恋しくなるのでしょうか?
    大兄はあまりの悲痛に別れることすら頑なに拒んだというのに・・・


    匿名

追悼の言葉を残す