[お偲び] 風見治 氏(作家)

風見治(かざみ・おさむ)
命日: 2018年7月10日
(国立ハンセン病療養所「星塚敬愛園」で)
年齢: 85歳
出身: 長崎県長崎市
肩書: 作家
事由: 転移性肝腫瘍
葬儀: 2018年7月11日
備考:20歳の時に熊本県合志市の国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」に入所し、30歳で星塚敬愛園に転園。療養所生活は60年超に及んだ。23歳ぐらいの頃に小説を書き始め「生きている過程を確かめたい」と創作を続けた。敬愛園では同じ入所者で作家の故・島比呂志氏主宰の文芸同人誌「火山地帯」に参加。失った鼻を取り戻す手術を受けた男が感じる周囲との違和感や、人間存在の頼りなさを帰郷の道程に重ねた「鼻の周辺」で1986年度の九州芸術祭文学賞を受賞した。油絵作品も多く残し音楽にも造詣が深かった。

追悼の言葉を残す