[お偲び] 鹿園直建 氏(慶應義塾大学名誉教授)

鹿園直建(しかぞの・なおたつ)
命日: 2014年4月22日 20時25分
年齢: 67歳
出身: 東京都
肩書: 慶應義塾大学名誉教授
葬儀: 2014年4月30日
会場: 代々幡斎場
東京都渋谷区西原2丁目42−1
備考:1969年東京大学理学部地学科卒業。1974年同理学系大学院地質学博士課程を修了し、博士号(理学)を取得。1974年から1990年まで東京大学理学部助手。この間1979年から1980年まで米国ハーバード大学地質学教室招聘研究員。1990年から慶應義塾大学理工学部助教授、1995年同教授となり、2012年3月定年退職し、名誉教授となる。2012年4月から東京学芸大学に個人研究員として亡くなるまで勤務していた。この間1996年から1997年まで米国ハーバード大学地球惑星科学教室招聘研究員、2004年から2006年まで資源地質学会会長。
東京大学では、熱水鉱床(鉱脈鉱床・黒鉱鉱床)、地熱系、放射性廃棄物地層処分などについての研究を行ったが、慶應義塾大学では、さらに研究対象を拡げ、二酸化炭素地中貯留、水-岩石系における物質移行(水質・土壌分析・熱水変質など)、グローバル物質循環と環境変動などについての研究を行い、数多くの論文を発表した。2010年にこれらの業績に対し、資源地質学会から加藤武夫賞を贈られている。
参照: ウィキペディア
・ 慶応大名誉教授の鹿園直建さん死去

追悼の言葉があります

  1. 先生の授業を受けられて、よかったです。
    お会いできて、本当によかったです。
    短い間でしたが、お世話になりました。
    ありがとうございました。
    御冥福をお祈りします。


    匿名

追悼の言葉を残す