[お偲び] 曽根中生 氏(映画監督、脚本家)

曽根中生(そね・ちゅうせい)
生誕: 1937年10月1日
命日: 2014年8月26日 11時36分
(大分県臼杵市の病院で)
年齢: 76歳
出身: 群馬県北群馬郡子持村
肩書: 映画監督、脚本家
事由: 肺炎
葬儀: 2014年8月27日
備考:本名は、曽根義忠(そね・よしただ)。1962年に日活入社。若松孝二監督の問題作「壁の中の秘事」の脚本を担当して注目を集める。鈴木清順監督の「殺しの烙印」などの脚本に参加した後、日活がロマンポルノに転じた71年、「色暦女浮世絵師」で監督デビュー。以後、「(秘)女郎市場」「新宿乱れ街 いくまで待って」など多様な作品を手がける職人監督として活動した。79年、石井隆の劇画を原作にした「天使のはらわた 赤い教室」を発表。この世の地獄に落ちていく女と男の悲しい愛と性を描き、ロマンポルノを代表する作品となった。

追悼の言葉があります

  1. 日活ロマンポルノも観たし、「嗚呼!!花の応援団」シリーズもよく観た。
    「不連続殺人事件」や「博多っ子純情」も良かった。
    今頃、あの世で蟹江敬三さんと「天使のはらわた 赤い教室」の話でもしてるかな。
    去年の本のサイン会では、優しい笑顔で握手していただいた。
    ご冥福をお祈り致します。


    匿名

追悼の言葉を残す